26: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)22:56:59 ID:V9Q
no title

黒いのかわいい





no title

no title

さてここらへん(地図でいう海水浴場)にはかつて医務室があったという
毒ガスの研究をしとったのだからそこに従事していた人たちがなんかのはずみでガス吸っちゃってえらいことにもなったのだろう
そんな間抜けな風に言うもんでもないんだが。ともあれ戦争の爪あとみたいなものを遠回しながら感じる場だ
ぶっ倒れている木と錆びた消火栓は医務室があったときから残っているものだという


27: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:02:49 ID:V9Q
no title

犬とか猫もそうだけど4足歩行の動物は尻がかわいい
たとえ糞尿の真上で寝転んでいようとも

さて地図を参照してもらって、海水浴場のほど近くには神社がありますね
no title

no title

no title

戦時中要塞でもあった島ということで、この神社は護国神社?的な役目も果たしていた

立ち入り禁止のテープが(保全のため?)巻かれておりお賽銭を入れられる距離まで近づけなかったが
no title

no title

飾られているうさぎの絵がかわいかった。
画質がボロボロなのはアイフォーンだから

28: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:05:58 ID:V9Q
ビジターセンターや毒ガス資料館のあるあたりまで戻る
資料館ではわりと壮絶な毒ガスの歴史が学べる、館内撮影禁止だったのでなんというかまあ行ってみるといいよくらいしか言えない
そんなに広くはないから見るのにそこまで時間はかからんと思いますし

付近にはこんなものも
no title

no title

学のない俺には自動交換機がなにか分からなかった

29: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:07:26 ID:Et3
見てるよ

31: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:11:34 ID:V9Q
>>29ありがとうね!

休暇村を右手に、テニスコート方面へ向かう
no title

no title

no title

地図に記載がないが地図でいうと休暇村宿舎のすぐ上らへんに毒ガスタンクの貯蔵庫跡があった

30: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:08:39 ID:V9Q
no title

すぐ近くには研究室跡がある
no title

no title

けっこう現代的な改築が施されているので「え?これ倉庫かなんかじゃねえの?」って思いました
え?倉庫かなんかじゃねえの?

no title

うさぎは穴を掘る習性があるようだ。巣なんだかなんだか知らないけど
穴におさまるうさ

33: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:18:29 ID:V9Q
地図をみると、テニスコートに隣接したグラウンドから内陸部に道が伸びているのが分かるだろうか
展望台へ行くにはこのハイキングをこなさねばならない
no title

no title

そこそこの山道である
数は少なくなるが、もちろんこういうところにもうさぎは生息している
内陸部は来る人の数も減るのでうさぎは腹をすかせているのはエサくれアピールがふもとにいる子らよりだいぶ強い
下でこの日持っていた野菜をぜんぶあげてしまいオケラだったのが悔しかった

大久野島に行くのに野菜は多いということはない、とにかくたくさん持って行くと持っていっただけうさぎにモテる
2日間で俺はキャベツ1玉半にニンジン8本以上?をあげ尽くした
島内ではペレット(エサ)を売ってはいるが野菜のほうが安上がりだしたくさんがじがじしてもらえるので楽しい
野菜は多いということはない

34: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:25:05 ID:V9Q
no title

展望台に着く
写真に収められてはいないが展望台はウッドデッキになっておりけっこうしっかり整備?されている
no title

本州の三原方面
no title

ほぼ反対方向
正面に見える島は小久野島というんだそうだ
大もあれば小もあるということみたいね
小久野島への正規上陸ルートはないらしくまあ何もない島なんだろう

35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)23:30:49 ID:V9Q
一旦展望台から山を下り、地図でいう第二桟橋にほど近い発電所跡付近へ
no title

no title


ここにいた耳の短いこの白ウサギが今回見た中ではいちばんのかわいこちゃん
この子にエサをあげられなかったのが悔やまれる

で、この発電所跡というやつだがわりとドでかく廃墟群のなかでは一、ニを争う?規模の見どころだ

が、アイフォンのバッテリーがこのへんで切れた。発電所跡についてはググってくれるといいと思います
no title

ちらっとだけ見える写真はのこってた。トンネルの奥にあるのが発電所跡だ
壁のMAG2とはMAGAZINE2の略で、戦後進駐軍がここを弾薬庫にしていたときに書かれたのだという

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428844523/






人気ブログランキングに参加しています
↓よろしければ応援お願いします↓


人気ブログランキング