58: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:02:39 ID:dJx
再び北部砲台跡を通り、発電所跡、第2桟橋方面へと向かう。
見覚えのある道に合流してしばらくすると、

no title


これまた見覚えのある後ろ姿





no title

no title


昨日会ったあのかわいこちゃんだ。相変わらずかわいい。
やはりエサをすべてあげ尽くしてしまっていたのが悔やまれる。

そういえば一日経ってもだいたい同じ場所にいるということは、うさぎ達ってけっこうそれぞれの行動範囲や縄張りみたいなものがあるんだなと思った

no title

なんか草食ってる子
no title

木陰でだらだらしてる子
no title

やっぱり草食ってる子
no title

やっぱり草以下略


59: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:05:21 ID:dJx
発電所跡近くには、今はもう使われていない古い桟橋がある(地図上の旧桟橋)
no title

no title

no title


桟橋も味わい深いが海がやはり綺麗だ
no title

no title

60: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:12:23 ID:dJx
第2桟橋に着くとちょうどフェリーが来たのでそそくさと乗船
no title


島をあとにした。

おおよその島の様子は以上!

あ、休暇村宿舎には宿泊客以外ももちろん利用できるレストランやおみやげ屋さんがある
no title

近隣がタコの名所ということで、昼食には揚げダコの定食をいただいた。炊き込みご飯にもタコ入りだ
これで1000円ちょいというとちと高いがこういうところで食うものに文句言っちゃいけないぜ

あと飯つながりで、本州は三原で食べたかき小屋の牡蠣。
no title

焼くのに必死だったしちっとも美味しそうにみえない

no title

三原はタコの街である

61: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:23:47 ID:dJx
あとはざっくり貼ってないうさぎの写真でも貼って終わるとする

no title


no title


no title


no title


no title

62: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:29:31 ID:dJx
no title


no title


no title


no title


no title


no title


no title


no title

63: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:36:59 ID:dJx
写真はこれで終わり。
行ったことなくて今後行きたいと思ってる人の参考になれば嬉しい。
行こうと思ってない人にはちょっとでも行った気分になってもらえたら

最後にいずれ行きたいと思っている人へアドバイスなど
自分がそうだったんだけどネットの情報だけじゃ分からないこともあるだろうから

・時期は3月下旬が狙い目
 →暖かくて過ごしやすい、これ以上気温が上がるとうさぎのテンションひくく愛想が悪いかも?
 →春休みで人も多いが、だからといってふれあいが阻害されるようなことはない。内陸部行けば喧騒もなく静かだし
 →ただし島内の休暇村に泊まるつもりなら予約はできるかぎりはやめにしたほうがいい。けっこうなはやさで空き部屋なくなる

・野菜がたくさんあるといい
 →先にも言ったが野菜は多すぎるということはない。あればあるだけ食うっていうくらいの数うさぎがいる
 →島内にはペレットしか売ってないのでたくさんふれあいたいならやっぱりあったほうがいい
 →フェリー発着所の最寄り駅である忠海駅は無人駅、近くにはファミマが一軒あるだけなので、自宅や道中で野菜を確保すべし

・動きやすい格好で
 →島内そんなに歩きまわらないなら好きな格好すればいいが、やはり見れるところはたくさん見ないともったいない気がする
 →内陸部はけっこうな山道、汚れてもいい(うさぎに寄ってたかられたときのためにも)服と歩きなれた靴で
 →一泊以上の予定であれば事前に大きな荷物は宿に預けてから向かうのが吉。こぶりなリュックサックやボディバッグなど両手が空いて、かつぶらぶらしないような鞄だとふれあいもスムーズに

・うさぎとの触れ合いについて(フェリーや島のいたるところにも注意書きがある)
 →うさぎはストレスに弱いので優しく接してあげること、追いかけたりもちろん暴力なんかは論外だ
 →抱っこは骨を痛めるので厳禁。ふれあいはなでるくらいにしよう逃げるけど
 →連れて帰ったりしたらあかん。今まで野生で生きてきたんだから人間の飼育下では生きられない
 →飼ってたうさぎを島内に捨ててもいかん。今まで人間の飼育下で生きてたんだから野生では生きられない
 →うさぎは目が悪いので人の指をエサと勘違いして噛み付いたりする。犬猫のアマガミってレベルじゃない流血沙汰必至なのでエサをあげるときは気をつけよう

・うさぎも廃墟も
 →うさぎにしか興味が無い、廃墟にしか興味が無いという人もいるだろうが(行くまで正直自分も前者寄りの人間だった)、両方楽しんでこそだと思うのでどちらも楽しんで観光しよう

64: 名無しさん@おーぷん 2015/04/13(月)01:38:53 ID:dJx
最後に謎の説教臭さを炸裂させたがスレ見てくれた人ありがとう

今回の旅行では南部砲台跡とか見れてないところもあるし、うさぎは何度見てもかわいいものだしまた行きたいものだ

それでは

71: 名無しさん@おーぷん 2015/04/14(火)07:36:37 ID:e7x
昨年の9月以後は島内でペレットは販売していません。

72: 名無しさん@おーぷん 2015/04/14(火)17:16:37 ID:e7x
行楽シーズン(特に土日)は大量の観光客がエサを持ち込むのでエサ余り状態です。
基本ルート(外周路沿い)はお昼頃には野菜が撒き散らされる有様です。
ペレットを含めて放置された餌はカラスを引き寄せます。
今は子ウサギシーズンですが外に出て一週間もたたずにカラスにやられてしまう子も多いです。
野菜が道に放置されているようなら是非内陸部に入って余り人がいかないとこのウサギに上げてください。

それから野菜とペレットのどちらが食い付きがいいかはタイミング次第です。
空腹時はまずペレットを選びます。
しばらくコリコリやってると飽きてキャベツなどの水気の多い葉ものに移ります。
ひとしきりキャベツを食べた後はまたペレットに戻ります。
これを満足するまで繰り返します。
ウサギは口の前にある餌には齧り付く習性があるので満腹でもとりあえずは食いつきます。
でもすぐにプイとされたらお腹いっぱいだということです。

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428844523/






人気ブログランキングに参加しています
↓よろしければ応援お願いします↓


人気ブログランキング