アニ☆プラ

動物関係のことをまとめるブログ

    カテゴリ: 記事

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/11/07(火)18:37:40 ID:???
    ■樹上の猫、無事に地上へ 盛岡、自力で木から降りる
    2017/11/07 16:00

     盛岡市内丸の鶴ケ池付近のシダレヤナギに登り、動けなく
    なっていた猫は7日午後0時20分ごろ、無事地上へ降りた。

     東北電力の高所作業車が近づいたところ、自力で降り始め、
    怖がりながらも幹を伝って地上へたどり着いた。(下略)

    ※全文は岩手日報でご覧下さい。
    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20171107_9


    ■猫が木の上から降りられず 盛岡、レスキュー出動も失敗
    2017/11/07 08:50

     盛岡市内丸の鶴ケ池付近で6日午後1時ごろ、猫がシダレヤナギ
    に登り下りられなくなった。盛岡中央消防署のレスキュー隊が出動
    し救助を試みたが、警戒した猫がさらに上へ逃げてしまいお手上げ
    状態に。7日午前8時半現在、猫はまだ樹上におり、道行く市民ら
    が心配そうに見上げている。

     猫は成獣で白と黒のハチワレ柄。首輪はなく、近隣住民によると
    岩手公園で暮らす野良猫らしい。高さ6メートルほどの枝の分かれ目
    にじっと座り、時折心細そうに「ニャー」と鳴いている。
    (下略)

    ※全文は岩手日報でご覧下さい。
    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20171107_4

    【【話題】樹上の猫、無事に地上へ 自力で木から降りる 岩手・盛岡】の続きを読む

    1: 虹◆onElYHqWJBVO 2017/11/06(月)10:11:30 ID:3ii
    【金比羅神社/狛猫】狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[2017/11/06]

    狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[皇紀二六七七平成29年11月6日(月)]

    京都府京丹後市の金刀比羅神社には狛猫がいる
    峰山はかつて養蚕が盛んで、ネズミから守るために猫が大切にされたという
    阿吽の対になっていて、阿形のほうには子猫もいる
    ネコ好き必見。丹後峰山で、狛犬ならぬ「狛猫」があなたを待っている

    丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。

    そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。

    神社のシンボル的な存在と言えば狛犬(狛狗)を思い浮かべるかもしれませんが、
    ここの境内社「木島社」にあるのは、猫の石像。全国的に見てもかなり珍しい、とのこと。

    それにしても、なぜ、猫なのでしょうか?

    峰山はかつて養蚕が盛んだったのですが、養蚕の大敵といえば「ネズミ」。
    大切なマユや絹を守るために大切にしていた存在が猫だった、というわけです。

    起源はというと、文政13年(1830年)に、山城国(現京都市)の養蚕の神、木島神社から、
    地元のちりめん織業者らの信仰によってお迎えされたそう。
    その後、糸商人や養蚕家たちの手によって、一対の狛猫が奉納されたそうです。

    ちなみに、「狛猫」はあくまでも呼称で、正しくは「石猫」でしょうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13848852/

    全文はソースで

    引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1509930690/


    人気ブログランキングに参加しています
    ↓よろしければ応援お願いします↓


    人気ブログランキング

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/04(土)11:44:32 ID:3bs
    『うちのコにしたい!羊毛フェルト猫の作り方』 (KADOKAWA)の著者で数々の雑誌などでも羊毛フェルト作品を紹介されている
    ヒナリさん(@hinalifelt)の作品がツイッターに投稿され、
    作者自身も『閲覧注意』『一晩おくと見慣れます』というハッシュタグを付けるくらいに見慣れないナニカになってしまっています。
    これは……知ってるけど知らないナニカだ!

    no title

    no title

    https://twitter.com/hinalifelt/status/923505756141338624

    ソース
    http://otakei.otakuma.net/archives/2017110101.html

    引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1509763472/


    人気ブログランキングに参加しています
    ↓よろしければ応援お願いします↓


    人気ブログランキング

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:27:12 ID:aYa
    大切なお嬢様はいつも家の中。でも必ず誰かが顔を見せにやって来る。
    いつか私をここから出して…。

    そんな箱入り娘気分を味わっているかどうかは知らないが、
    入れ代わり立ち代わりなじみの野生動物から、窓越しに挨拶を受けるニャンコをご紹介しよう。

    米ワイオミング州に住むImgurユーザー、ctrlaltmeさんの愛猫「ソチ」である。

    サイベリアンフォレストキャットの「オス」だそう。

    このソチを訪ねて、しょっちゅう野生動物が挨拶に訪れるのだ。

    続きはソースで
    https://irorio.jp/sousuke/20171012/421251/


    画像
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1507818432/


    人気ブログランキングに参加しています
    ↓よろしければ応援お願いします↓


    人気ブログランキング

    1: ベンゼン環◆GheyyebuCY 2017/10/28(土)16:01:46 ID:K2e
    長崎県佐世保市江迎町の白岳自然公園は、ボーダー・コリーの
    雄犬「ロン」が看板犬として来園者を迎えている。

    さる1日午前11時ころ、幼児や小学校低学年の親子連れ約20人の
    登山客が下山道を探すため草地に足を踏み入れると、地面より
    約50匹のスズメバチが湧き上がり襲いかかってきた。子供たちが
    悲鳴を上げる中、すぐさま駆けつけたのがロンだった。ロンは
    自らを標的にさせ、その間に子供たちを非難させた。

    刺された観光客は6人で救急車で運ばれたが命に別条はなかった。

    ロンは20ヶ所以上を刺されたものの、約一週間の治療を受け一命
    を取り留めることができたといい、その後も看板犬として変わらず
    来場者を歓迎しているという。



    詳細はソースをご覧下さい

    ソース

    長崎新聞 2017年10月28日
    ハチから幼児守った看板犬
    http://www.nagasaki-np.co.jp/news/photonews/2017/10/28090351052865.shtml

    【【動物】公園の看板犬、身を挺してスズメバチから幼児らかばう―長崎】の続きを読む

    このページのトップヘ